メッセージを送る
Chengdu Shuwei Communication Technology Co., Ltd.
Chengdu Shuwei Communication Technology Co., Ltd.
ニュース
家へ /

中国 Chengdu Shuwei Communication Technology Co., Ltd. 企業ニュース

最新の会社について 2024年のアジア・テック x シンガポール (ATxSG) へのご出席と指導を歓迎します
2024/05/10

2024年のアジア・テック x シンガポール (ATxSG) へのご出席と指導を歓迎します

2024年5月29日から31日にかけて開催される シンガポール・エクスポで開催される アジア・テック x シンガポール (ATxSG) 2024にご参加をお勧めしますネットワーク技術の先駆者としてデジタル・ランドスケープを形作るイノベーションの最前線に 潜む中で,あなたの存在と指導は,貴重なものです.   日付:2024年5月29日から31日まで 場所:シンガポール EXPO,シンガポール ブース番号: 4B1-13,ホール4 シンガポールEXPO 2024年5月29日から31日まで   ネットワーク可視性:ネットワークのトラフィックとパフォーマンスについて 卓越した洞察を得ます ネットワークセキュリティ:ネットワークの防御を高度なセキュリティ対策で強化する. ネットワークモニター:ネットワークインフラストラクチャを精度と効率で監視し管理します ネットワーク分析:ネットワークの運用を最適化するために データ分析の力を活用します ネットワーク TAP:ネットワークトラフィックを妨害することなく,包括的な可視性を確保する. ネットワーク パケット ブロッカー:ネットワークトラフィック管理と分析を簡素化する バイパススイッチ:ネットワークの稼働時間と信頼性を,シームレスな故障移行ソリューションで維持する. マトリックス・ネット・イングリッシュTM:最先端の管理プラットフォームで ネットワークの運営を強化します   イノベーションを探求するネットワーク業界を革命的に変える最新のトレンドとイノベーションを 発見してください 専門家に相談する業界リーダーや専門家とつながり 貴重な洞察と助言を得ます ネットワークの機会:プロフェッショナルなネットワークを拡大し 戦略的パートナーシップを結びましょう ライブデモ:NetTAP®の革新的なソリューションの力と能力を直接体験してください. ATxSG 2024の忘れられない体験を 保証するために 今日ご予約ください 温かい挨拶 NetTAP チーム    
最新の会社について 労働者の国際デーをNetTAPで祝う!
2024/04/30

労働者の国際デーをNetTAPで祝う!

親愛なるお客様 2024年5月1日から5日までの国際労働の日を 祝う中,ネットタップの家族全員が 世界中の勤勉な人々に 温かい挨拶と感謝の意を表します. 世界各地の労働者の献身,回復力,貢献を称える日です.企業を成功させるのに 貢献するすべての人の努力と献身を 私たちは深く評価しています勤勉な従業員から あなたのような尊敬の顧客まで ネットワーク・タップとネットワーク・パケット・ブローカーを含む 革新的なネットワーク・ソリューションを 提供しています効率的で信頼性の高いネットワークインフラストラクチャの重要性を理解しています重要なデータを管理し,シームレスなコミュニケーションを保証し,またはそれぞれの分野でのイノベーションを推進していようと,NetTAPは,高性能のネットワークソリューション. この国際労働者の日に 私たちは卓越性 革新性 顧客満足へのコミットメントを再確認します絶えず製品やサービスを向上させ, 変化するニーズや課題に より良く対応しています.皆さんの信頼と協力により 可能性の限界を押し広げ 進歩と成功を導く解決策を 提供できるようになりました 世界中の人工に 感謝の意を表します 彼らの不屈な努力と 揺るぎない献身のために皆さんの努力と忍耐が 進歩と繁栄の基礎です. 喜びと休息に満ちた 国際労働の日を 祝福します 温かい挨拶を NetTAP チーム
最新の会社について NetTAPのネットワーク可視性と交通管理の専門知識を公開
2024/04/17

NetTAPのネットワーク可視性と交通管理の専門知識を公開

ネットワーク管理とセキュリティの複雑な世界では,ネットワークトラフィックに明確な可視性を持つことが至急です. この分野のリーダーであるNetTAPは,ネットワークトラフィック可視性,ネットワークデータ可視性この技術ブログでは,NetTAPのソリューションがネットワークデータトラフィックをキャプチャ,レプリカ,およびアグリゲートする上でどのように優れているかについて説明します.効率的なネットワークモニタリングのための適切なツールへのシームレスな提供を保証する分析とセキュリティ   NetTAPの専門性を理解する NetTAPの専門知識は,以下の3つの分野にあります.   1ネットワーク・トラフィック・ビジビリティ:NetTAPは,ネットワークトラフィックに 卓越した可視性を提供し, 組織がリアルタイムでデータフローを監視し,分析できるようにします.NetTAP は 価値ある 情報 を 逃さ ない よう に する. 2ネットワークデータ可視性:NetTAPは,ネットワークデータへの深い洞察を提供することで,従来のトラフィックモニタリングを超えています.NetTAP は,組織がネットワークトラフィックから有意義な情報を抽出することを可能にします.意思決定とトラブルシューティングを可能にします. 3ネットワークパケット可視性:NetTAPのパケットレベルの可視性は,組織がネットワークデータに対する完全な制御を保証します. ネットワークパケットをキャプチャ,レプリカ,アグリゲートすることによって,NetTAPは,監視ツールに効率的なデータ配送を容易にするIDS (侵入検知システム),APM (アプリケーションパフォーマンスモニタリング),NPM (ネットワークパフォーマンスモニタリング) など   NetTAP の 解決策 が 実現 さ れ て いる NetTAPのソリューションの仕組みを理解するために,その主な機能について詳しく見ていきましょう. 特徴 記述 捕まえる 能力 NetTAPの高度なキャプチャ技術は,ネットワークトラフィックデータのシームレスな取得を保証します. 複製 NetTAPはネットワークトラフィックを複製し,複数の監視および分析ツールにデータを配布します. 集計 ネットワークトラフィックを集約することで,データの統合された表示を提供することで,モニタリングプロセスを簡素化します. ネットワークタッピング NetTAPはネットワーク操作を妨害することなくネットワークトラフィックにアクセスするためにネットワークタップを使用する. パケットブローカー NetTAPのパケットブローカーは,意図した宛先へパケットをスマートにルーティングし,遅延とパケット損失を最小限に抑える.   応用シナリオ NetTAPのソリューションは,様々なシナリオで応用されています. 1ネットワークモニタリングNetTAPは,ネットワークトラフィックに対する包括的な可視性を提供することで,組織がリアルタイムでネットワークパフォーマンスを監視し,主動的な問題解決を促進します. 2ネットワーク分析NetTAPのディープパケット検査機能により,組織はネットワークトラフィックを細かく分析し,洞察,傾向,異常を明らかにすることができます. 3ネットワークセキュリティ:サイバー脅威が増加しているため,NetTAPはリアルタイムで悪意のある活動を検知し軽減し,データの完整性と機密性を確保することでネットワークセキュリティを強化します.   NetTAPのネットワーク・トラフィック・ビジビリティ,ネットワーク・データ・ビジビリティ,ネットワーク・パケット・ビジビリティの専門性は,業界では比類のないものです.ネットワークトラフィックをシームレスに集約するNetTAPのソリューションにより,ネットワークの性能を最適化し,セキュリティの姿勢を強化することができます.組織は,自信を持って現代のネットワーク管理の複雑さをナビゲートすることができますデータを安全な手に 持っていることを知っています
最新の会社について NetTAP®: 2007年以来,ネットワークトラフィック可視化技術のパイオニア
2024/04/08

NetTAP®: 2007年以来,ネットワークトラフィック可視化技術のパイオニア

2007年に設立されて以来,NetTAP® (Chengdu Shuwei Communication Technology Co., Ltd.) は,ネットワーク通信技術の分野における研究開発の最前線に立っています.ネットワーク TAP/NPB (ネットワーク パケットブローカー) の専門通信を含む幅広い産業向けに最先端の製品とサービスを提供する上で重要な役割を果たしています.テレビ放送政府 教育 IT 金融 医療 交通 エネルギーなどです 革新と卓越性への堅固なコミットメントにより,NetTAP®はネットワーク通信機器の領域で可能なものの限界を継続的に押し広げています.製品提供はビッグデータ アクセスに及ぶデータの保存,データモニタリング,データ処理,データ分析,様々な部門で活動する組織の多様なニーズに対応します.   NetTAP®のポートフォリオは,現代のネットワークの進化する要求に応えるように設計された高密度デバイスの多様な範囲を誇っています.集計25G,40G,および100Gネットワークのための高性能ソリューションまで,NetTAP®は,ネットワークインフラストラクチャのあらゆる要件に対応するソリューションを持っています.   NetTAP®の成功の中心は,品質とイノベーションに揺るぎない注力です.この 会社 は 最新 の ハードウェア 製造 工場 を 誇る こと が でき ます.通信 製品 は すべて 厳密 に 製造 さ れ て 最高 の 基準 に 準じ て おり,さらに,NetTAP®は,すべての製品に対して完全なソフトウェアとハードウェア独立知的財産権を有することを誇りに思っています.著作権登録と製品認証を徹底して 提供の完全性と正規性を保証します.   データセキュリティとネットワークパフォーマンスが 極めて重要な時代では,あらゆる産業の組織は NetTAP®の専門知識とソリューションに頼り,前線を保っています.NetTAP®の先進的なネットワーク通信技術を利用することで企業には,データ収集,監視,処理,分析能力を向上させ,効率,セキュリティ,全体的なパフォーマンスを向上させることができます.   テクノロジーの急速な進歩に伴い,NetTAP®は革新にコミットし,製品とサービスの変化と顧客のニーズに合わせて進化することを保証しています.卓越した実績と 可能性の限界を押し広げることに専念していますNetTAP®は,ネットワークインフラストラクチャの潜在能力を最大限に発揮したい組織にとって信頼できるパートナーです.
最新の会社について ネットワークフローモニタリング 説明:ネットフロー vs IPFIX
2024/03/18

ネットワークフローモニタリング 説明:ネットフロー vs IPFIX

Netflow (ネットワークデータフロー検出プロトコル)ソフトウェアシステムのアップグレードと 脆弱性修復スキームの成熟により ホストに直接侵入してダメージを与える ウイルス攻撃モードは 徐々に減少します制限されたネットワークリソースの悪意のある消費に回ります,ネットワークの混雑を引き起こし,外部サービスを提供するシステムの能力を破壊します.ネットワークの異常や攻撃を判断するためのネットワークデータフローの検出方法が提案されていますリアルタイムでネットワークデータフロー情報を検出することでネットワーク管理者は,過去パターン (正常かどうか判断するために) や異常パターン (攻撃されているかどうかを判断するために) をマッチすることによって,ネットワーク全体の状態をリアルタイムで確認できます.ネットワークのパフォーマンスの潜在的なボトルネックを検出し,効率的かつ信頼性の高いネットワーク運用を確保するために自動的に操作またはアラーム表示します. ネットワークフロー技術は1996年にDarren KerrとCiscoのBarry Bruinsによって最初に発明され,同年の5月に米国特許として登録されました.ネットワーク機器でデータ交換を加速するためにネットフロー技術が最初に使用される高速転送されたIPデータフローの測定と統計を認識できます.データ交換加速のためのNetflowの元の機能は,ネットワークデバイスの専用ASICチップによって徐々に置き換えられました.IP/MPLSトラフィック分析の最も認知されている業界標準となっています.インターネットにおける統計と請求Netflow 技術は,IP/MPLS ネットワークトラフィックの詳細な行動パターンを分析し測定し,ネットワーク運用の詳細な統計を提供します. Netflowシステムには,出口者,収集者,分析報告システムという3つの主要な部分があります. エクスポート:ネットワークデータをモニターするコレクター: エクスポートから輸出されたネットワークデータを収集するために使用されます.分析: コレクターから収集されたネットワークデータを分析し,レポートを作成するために使用されます.   Netflow によって収集された情報を分析することで,ネットワーク管理者はソース,宛先,ネットワークサービスタイプのパケット,およびネットワーク混雑の原因を知ることができます.tcpdumpのようにネットワークトラフィックの完全な記録を提供できないかもしれません.簡単に読み取れます NetFlowネットワークのルーターとスイッチからのデータ出力は,有効期限が切れたデータフローと詳細なトラフィック統計からなる.このデータフローには,送信先と送信先と関連付けられている IP アドレスが含まれます.端から端までのセッションで使用されるプロトコルとポート.トラフィック統計には,データフローのタイムスタンプ,ソースと宛先IPアドレス,ソースと宛先ポート番号が含まれます.入力・出力インターフェイス番号次のホップのIPアドレス,フロー内のバイト総数,フロー内のパケットの数,フロー内の最初のパケットと最後のパケットのタイムスタンプ. そしてフロントマスク,パケット番号,など. Netflow V9は,テンプレートベースの統計出力を持つ新しい柔軟で拡張可能なNetflowデータ出力形式です.出力する必要があるデータフィールドを追加し,さまざまな新しい機能をサポートします.例えば: Multicase Netflow,MPLS Aware Netflow,BGP Next Hop V9,IPv6用のネットフローなど 2003年,Netflow V9は,5人の候補者の中からIPFIX (IPフロー情報輸出) 標準としてIETFによって選択された.   IPFIX (ネットワークトラフィックモニタリング)流量ベースの技術は,ネットワーク分野で広く使用されており,QoSのポリシー設定,アプリケーションの展開,能力計画において大きな価値があります.ネットワーク管理者は出力データストリームの標準フォーマットがないIPFIX (IPフロー情報輸出,IPデータフロー情報出力) は,IETFが発行したネットワークにおけるフロー情報を測定するための標準プロトコルである. IPFIXによって定義されたフォーマットは,IPデータフローの統計と出力基準を標準化するCisco Netflow V9データ出力フォーマットに基づいています.テンプレートベースの形式でデータフローの特徴と出力データを分析するためのプロトコルです交通監視の要件が変わると,ネットワーク管理者は,ネットワークデバイスソフトウェアまたは管理ツールをアップグレードせずに対応する構成を変更できます.ネットワーク管理者は,これらのネットワークデバイスに保存されている重要なトラフィック統計を簡単に抽出し,表示できます. より完全な出力のために,IPFIXはネットワークデバイスの7つの主要なドメインをデフォルトで利用し,シェアごとにネットワークトラフィックを表します. 1ソース IP アドレス2目的地IPアドレス3TCP/UDP ソースポート4TCP/UDP 宛先ポート5レイヤ3 プロトコルタイプ6. サービスの種類 (サービスの種類) バイト7論理インターフェースを入力します. 異なるIPパケットのすべての7つのキードメインが一致すると,IPパケットは同じトラフィックに属すると考えられます.ネットワーク上のトラフィックの特徴を記録することによって,平均パケットの長さなどネットワークを最適化し セキュリティを検知し トラフィックを充電できます   IPFIXネットワークアーキテクチャIPFIXは,Flowの概念に基づいています.Flowは,同じサブインターフェイスから送信されたパケットを,同じソースと宛先IPアドレス,プロトコルタイプ,出発港と目的港番号IPFIXは,IPFIXのデータストリームを記録する.IPFIXは,IPFIXのデータストリームを記録する.IPFIXは,IPFIXのデータストリームを記録する.IPFIXは,IPFIXのデータストリームを記録する.輸出業者3つのデバイス間の関係は次のとおりです. エクスポートはネットワークフローを分析し,合格のフロー統計を抽出し,統計をコレクターに送ります.コレクターは,輸出データパケットを解析し,分析者による分析のためにデータベースに統計を収集します.アナリストは,コレクターから統計を抽出し,その後処理を行い,さまざまなサービスのためのGUIとして統計を表示します.   IPFIX 適用シナリオ使用に基づく会計ネットワークオペレーターにおけるトラフィック請求は,一般的に各ユーザーのアップロードおよびダウンロードトラフィックに基づいています. IPFIXは,目的IPアドレス,プロトコルポート,および他のフィールドに正確であることができますので,将来の交通料金設定は,アプリケーションサービスの特徴に基づいて分割できますもちろん,プロトコルはIPFIXパケット統計が"サンプリング"されていることも説明している.多くのアプリケーション (バックボーン層など) では,データフロー統計が詳細であればあるほど,よりよい.ネットワークデバイスの性能により, 抽出率は小さすぎるわけにはいかないので,完全に正確で信頼性の高いトラフィック請求を提供する必要はありません.しかし,ネットワークオペレーターレベルでは,決済単位は通常100メガビット以上ですIPFIXのサンプリング精度は,関連するニーズを満たすことができます. 交通プロファイリング,交通工学IPFIX エクスポートのレコード出力 IPFIX コレクターは,様々なチャートの形で非常に豊富なトラフィック記録情報を出力することができます.これはトラフィックプロファイリングの概念です. IPFIXの強力な機能を利用することはできません. IETFはまた,トラフィックエンジニアリングの概念を開始しました.通常計画された負荷バランスと冗長なバックアップネットワーク計画の事前決定された経路に従って,またはプロトコルの原則が調整されます.IPFIX がネットワーク上のトラフィックを監視するために使用され,一定の期間中に大量のデータが検出される場合ネットワーク管理者にトラフィックを調整するように指示され,不均等な負荷を減らすために関連アプリケーションにより多くのネットワーク帯域幅を割り当てることができます.設定ルールをバインドできます.IPFIX コレクター上の操作に,ルート調整,帯域幅割り当て,セキュリティポリシーなど,ネットワークトラフィックを自動的に調整します. 攻撃/侵入検知 攻撃/侵入検知IPFIXは,トラフィック特性に基づいてネットワーク攻撃を検出することができます.例えば,典型的なIPスキャン,ポートスキャン,DDOS攻撃など.サンプリング標準IPFIXプロトコルは,最新のネットワーク攻撃をブロックするために"署名データベース"アップグレードも使用できます.宿主側ウイルス保護と同じです QoSモニタリング (ネットワークサービス品質モニタリング)典型的なQoSパラメータは: パケット損失状態:損失 [RFC2680]一方向遅延: 一方向遅延 [RFC2679]往復遅延:往復遅延 [RFC2681]遅延変化 [RFC3393]以前の技術では,上記の情報をリアルタイムで監視することは困難ですが,IPFIXのさまざまなカスタムフィールドとモニタリング間隔は,さまざまなメッセージの上記の値を容易に監視できます.   NetFlow と IPFIX の違いについて詳細を紹介しています.  
最新の会社について バイパスネットワークトラフィックキャプチャアプリケーションシナリオにおけるマイクロバースト
2024/02/27

バイパスネットワークトラフィックキャプチャアプリケーションシナリオにおけるマイクロバースト

典型的なNPBアプリケーションシナリオでは,管理者にとって最も厄介な問題は,ミラーされたパケットとNPBネットワークの混雑によって引き起こされるパケット損失です.NPB のパケット損失は,バックエンド分析ツールで以下の典型的な症状を引き起こす可能性があります.: APMサービスパフォーマンスモニタリング指標が低下し,取引成功率が低下するとアラームが発生します. NPMネットワークパフォーマンスモニタリング指標の例外アラームが生成されます. セキュリティモニタリングシステムは,イベントの省略によりネットワーク攻撃を検出できませんでした. サービス監査システムによって生成されたサービス行動監査イベントの損失 ... ほら バイパスモニタリングのための集中集積・配送システムとして NPBの重要性は明らかですデータパケットトラフィックを処理する方法は 伝統的なライブネットワークスイッチとはかなり異なりますNPB パケット損失をどのように解決するか,パケット損失の根本原因分析から始めましょう.!   NPB/TAP パケット損失 混雑の原因分析 まず,実際のトラフィック経路と,システムとレベル1またはレベルNPBネットワークの入出の間のマッピング関係を分析します.ネットワークトポロジーの種類に関係なく集合システムとして,システム全体の"アクセス"と"出力"の間に,多くの対多くのトラフィック入力と出力関係があります.   NPBのビジネスモデルを 1 つのデバイスのASICチップの観点から見てみましょう   特徴 1:入力と出力インターフェースの"トラフィック"と"物理インターフェース速度"は不対称で,大量のマイクロバーストが避けられない結果です.典型的な"対"または"対"トラフィック集積シナリオでは,出力インターフェースの物理速度は,通常,入力インターフェースの物理速度の合計よりも小さい.例えば,10Gの収集チャネルと10Gの出力の1チャネル;複数のレベルでの展開シナリオではNPBBSを全体として見ることができる. 特徴2: ASICチップのキャッシュリソースは非常に限られている.現在一般的に使用されているASICチップに関しては,640Gbpsの交換容量を持つチップは3-10Mbytesのキャッシュを持っています.2Tbps容量チップは20-50MBのキャッシュを持っていますBroadCom,Barefoot,CTC,Marvellなど ASICチップのメーカーも含まれています 特徴3:従来の端から端へのPFC流量制御メカニズムは,NPBサービスには適用されません.PFC流量制御メカニズムの核心は端から端へのトラフィック抑制フィードバックを達成することです.通信端末のプロトコルスタックへのパケットの送信を削減し,混雑を軽減しますしかし,NPB サービスのパケットソースはミラーされたパケットなので,混雑処理戦略は捨てたりキャッシュしたりしかできません.   流量曲線上の典型的なマイクロバーストの表情は以下のとおりです.                                                                                                 10Gインターフェースを例として,第2レベルのトラフィックトレンド分析図では,トラフィックレートは長時間約3Gbpsで維持されます.トラフィックスパイク (MicroBurst) は10Gインターフェースの物理速度を大幅に超えました.   NPB マイクロバーストを緩和するための主要な技術 不対称な物理インターフェースの不一致率の影響を軽減する- ネットワークを設計する際には,可能な限り非対称な入力と出力物理インターフェース速度を減らす.典型的な方法は,より高い速度アップリンクインターフェースリンクを使用することです.物理的なインターフェースの速度 (例えば1Gbit/sと10Gbit/sのトラフィックを同時にコピーする) NPB サービスのキャッシュ管理ポリシーを最適化- スイッチングサービスに適用される共通キャッシュ管理方針は,NPBサービスの転送サービスには適用されません.静的保証 + ダイナミック共有のキャッシュ管理方針は,NPBサービスの機能に基づいて実装されるべきです.NPBマイクロバーストの影響を最小限にするために 現在のチップハードウェア環境の制限の下で. 機密交通技術管理を実施する- トラフィック分類に基づく優先交通エンジニアリングサービスの分類管理を実施する.カテゴリーキュー帯域幅に基づいて異なる優先キューのサービス品質を確保する.パケット損失なしで転送できるようにします. 合理的なシステムソリューションは,パケットキャッシング能力とトラフィック形成能力を向上させる- ASICチップのパケットキャッシング能力を拡張するための様々な技術手段を通じてソリューションを統合します.形づくりの後にマイクロバーストはマイクロ均質な流れ曲線になります.   NetTAP マイクロバースト トラフィック管理ソリューション スケーム1 - ネットワーク最適化キャッシュ管理戦略 + ネットワーク全体で分類されたサービス品質優先管理 ネットワーク全体に最適化されたキャッシュ管理戦略 多くの顧客に対する NPB サービスの特徴と実用的なビジネスシナリオの詳細な理解に基づいてNetTAPトラフィック収集製品は,ネットワーク全体に"静的保証+動的共有"NPBキャッシュ管理戦略を導入する, これは多くの非対称な入力と出力インターフェースの場合,トラフィックキャッシュ管理に良い影響を与える.現在のASICチップキャッシュが固定されたとき,マイクロバースト耐性は最大限に実現されます.   マイクロバースト処理技術 - ビジネス優先順位に基づく管理     トラフィックキャプチャ・ユニットが独立して展開される場合,バックエンド分析ツールの重要性やサービスデータの重要性に応じて優先順位付けすることもできます.例えば多くの分析ツールの中でAPM/BPCは,重要なビジネスシステムの様々な指標データの監視と分析を含むため,セキュリティ分析/セキュリティモニタリングツールよりも優先順位が高いしたがって,このシナリオでは,APM/BPCが必要とするデータは,高度な優先順位で定義され,セキュリティ監視/セキュリティ分析ツールが必要とするデータは,中等優先順位で定義され,他の分析ツールに求められるデータは,優先度が低いと定義できます.収集されたデータパケットが入力ポートに入ると,優先順位はパケットの重要性に応じて定義されます.優先順位が高いパケットは優先順位の高いパケットが転送された後に優先順位で転送されます優先順位が高くなるパケットが到着し続けている場合,優先順位が高いパケットは優先順位で転送されますデバイスのキャッシュに保存されます.キャッシュが満たされている場合,装置は優先的に下級のパケットを捨てますこの優先管理メカニズムは,重要な分析ツールが分析に必要なオリジナルトラフィックデータをリアルタイムで効率的に取得できるようにします.   マイクロバースト処理技術 - ネットワーク全体のサービス品質の分類保証メカニズム   上図のように,トラフィック分類技術は,アクセス層,アグリゲーション/コア層,出力層のすべてのデバイスの異なるサービスを区別するために使用されます.捕獲されたパケットの優先順位が再表示されますSDN コントローラーは,トラフィック優先方針を集中的に提供し,それを転送装置に適用します.ネットワークに参加するすべてのデバイスは,パケットが運ぶ優先順位に応じて異なる優先順位列にマッピングされます.. この方法で,小トラフィック先端優先パケットはゼロパケット損失を達成することができます. APM 監視と特殊サービス監査のパケット損失問題を効果的に解決します.   解決法 2 - GB レベル拡張システムキャッシュ + トラフィック 形状化 スキーム GB レベルシステム拡張キャッシュ処理能力が向上するとデバイスのグローバルバッファーとして,デバイスのメモリ (RAM) の一定のスペースを開くことができます.単一の取得デバイスでは,少なくともGBの容量が取得デバイスのキャッシュスペースとして提供できます.この技術により,私たちのトラフィック取得ユニットデバイスのバッファ容量は,従来の取得デバイスよりも数百倍高い同じ転送速度下では,私たちのトラフィック取得ユニットのデバイスの最大マイクロバースト持続時間が長くなります.伝統的な取得機器がサポートするミリ秒レベルは,第2レベルにアップグレードされました耐える時間も数千倍増しました   複数列の交通を構成する機能 マイクロバースト処理技術 - 大規模なバッファキャッシング + トラフィック・シェーピングに基づくソリューション 超大容量のバッファで マイクロバーストで生成されるトラフィックデータは キャッシュされますそして,トラフィック・シェーピング技術は,分析ツールへのパケットのスムーズな出力を達成するために,出力インターフェースで使用されますこの技術の応用により,マイクロバーストによるパケット損失現象は根本的に解決されます.                      
最新の会社について NetTAP® バイパススイッチでネットワークトラフィック可視性を提供する
2024/02/21

NetTAP® バイパススイッチでネットワークトラフィック可視性を提供する

テクノロジーの世界が 進化し続けていますネットワークセキュリティ重要になってきています ネットワークセキュリティ用機器侵入防止システムや次世代のファイアウォールなど,あらゆる組織のセキュリティ戦略の重要な要素です. しかし,これらの装置は,オンラインで動作するので,ライブコンピュータネットワークにおける単一の障害点になり得ます.ここではバイパススイッチが登場します. A についてバイパススイッチ,とも呼ばれているバイパス TAP, は,ライン内のアクティブセキュリティ機器のための障害防止アクセスポートを提供するハードウェアデバイスである.スイッチは,重要なネットワークリンクを保持するためにバイパスモードでトラフィックを自動的に切り替えて,障害の単一のポイントを取り除くデバイスが電力を失ったり ソフトウェアが故障したり 更新やアップグレードのためにオフラインに 入れられたりすると特に重要です NetTAPでは ネットワークトラフィック ネットワークデータ ネットワークパケットの可視性について 専門ですパケット損失なしで線内またはバンド外のネットワークデータトラフィックを集計するIDS,APM,NPM,モニタリング,分析システムなど,適切なツールに適切なパケットを配信します.   当社のバイパススイッチは,信頼性と安全なネットワークトラフィック管理を提供するように設計されています. 当社のバイパススイッチを使用することで,セキュリティ機器が故障しても,ネットワークは動作し続けます.事業の継続性を確保できますデータのセキュリティも保証します ネットワークセキュリティ機器の幅広い範囲と互換性があり ネットワークインフラストラクチャに簡単に統合できます さらに私たちのバイパススイッチは,さまざまなインラインネットワークセキュリティ機器をサポートするために柔軟性を持って設計されていますあらゆる規模の組織に最適です NetTAPでは ネットワークセキュリティが ビジネスの成功にとって 極めて重要だと理解しています だからこそ 私たちは信頼性があり 安全で使いやすい バイパススイッチを開発しましたバイパススイッチでセキュリティ機器が故障した場合でも 業務は継続します. セキュリティ機器が故障した場合でも, 結論として,NetTAPのバイパススイッチは,ネットワークトラフィックの可視性とセキュリティを提供するように設計されています.セキュリティ機器が故障しても ネットワークが動作し続けることを保証しますネットワーク・トラフィック管理の信頼性や安全性を 求めていたら"Mylinking"より遠くを見ないでください.
最新の会社について なぜ5Gモバイルネットワークは固定ネットワークスライス技術が必要なのか?
2024/01/29

なぜ5Gモバイルネットワークは固定ネットワークスライス技術が必要なのか?

固定ネットワーク切断技術固定ネットワークインフラストラクチャを複数の仮想スライスに分割する概念を指す.それぞれが異なるサービスやアプリケーションの特定の要件を満たすために調整されている.5Gモバイルネットワークの文脈で最初に導入されたネットワークスライスコンセプトの拡張です. ネットワークスライシングは,ネットワークオペレーターが共有された物理的ネットワークインフラストラクチャ内で論理的に独立した孤立したネットワークインスタンスを作成することを可能にします.各ネットワークスライスは,特定のパフォーマンス特性でカスタマイズすることができます異なるサービスや顧客グループの独特の要求を満たすための資源の配置とサービス品質 (QoS) パラメータです. ブロードバンドアクセスネットワークやデータセンターネットワークなどの固定ネットワークの文脈では,ネットワークスライシングは,効率的なリソース利用,より良いサービス提供,ネットワーク管理の改善専用の仮想スライスを異なるサービスやアプリケーションに割り当てることで,オペレーターは最適なパフォーマンス,セキュリティ,ネットワークリソースの活用を最大化しながら,各スライスの信頼性. 固定ネットワークスライシング技術は,異なる要件を持つ多様なサービスが共有されたインフラストラクチャ上で共存するシナリオにおいて特に有益である.例えば,超低レイテンシーアプリケーションのようなサービスがリアルタイム通信で共存できるビデオストリーミングなどの高帯域幅のサービスや 高い信頼性とセキュリティを必要とするミッションクリティカルなアプリケーション ネットワークスライス技術が 絶えず進化していることに 注目すべきです 私の知識の締め切りから 新しい開発が 生まれているかもしれません最新で詳細な情報最近の研究論文や業界出版物や 専門家に相談することをお勧めします   固定ネットワークスライシングの一般的原則に基づいて 固定ネットワークスライシングをどのように実践的に利用できるでしょうか? 適用する 記述 住宅および企業向けサービス 住宅用ブロードバンド,ビジネス用接続,IoT用アプリケーションで 特定の帯域幅,レイテンシー,各顧客セグメントに合わせたセキュリティ特性. スマートシティ 固定ネットワークスライシングは,インテリジェント交通,公共安全,エネルギー管理,環境監視などのスマートシティアプリケーションをサポートできます信頼性の高い通信のための特定のQoSパラメータを専用のスライスで提供することで. 仮想プライベートネットワーク 企業は,仮想プライベートネットワーク (VPN) の専用ネットワークスライスを持ち,ネットワークリソースの管理を高め,特定のトラフィック要件を優先することができます. コンテンツ配信ネットワーク ネットワークスライシングは,CDNでのコンテンツ配信を最適化できる.スライスでは,高帯域幅のコンテンツを優先するか,リアルタイムストリーミングサービスの低レイテンシー接続を保証する.ユーザー体験を向上させる. クラウドコンピューティング クラウドコンピューティングインフラストラクチャと統合された固定ネットワークスライシングは,効率的なリソース配分と隔離を提供できます.様々なクラウドサービスに専用されたスライスで 性能とセキュリティを保証し 資源利用を最大化します. この表は固定ネットワークスライス技術の一般的原則に基づく概要であり,実際の実装と応用は実用的には異なる可能性があることに注意してください.   例: ネットワークスライシングをクラウドコンピューティングインフラストラクチャと統合することで,リソースの割り当て,パフォーマンス最適化,セキュリティの観点からいくつかの利点がもたらされます.ネットワークスライシングをクラウドコンピューティングと統合する方法について: ネットワークスライシングとクラウドコンピューティングの統合 利益 資源の配分 特定のリソースアロケーション (帯域幅,レイテンシーなど) を有する専用ネットワークスライスを異なるクラウドサービスまたはレンタに割り当てることで,効率的なリソース利用. 性能最適化 高帯域幅アプリケーション,低レイテンシー通信,または特定のQoS要件を優先するようにネットワークスライスを構成することで,各クラウドサービスに最適なパフォーマンスを提供します. サービス 孤立 クラウドサービスやレンタ間の論理的隔離,セキュリティを強化し,同じ物理ネットワークインフラを共有する異なるサービス間の干渉を防止する. 拡張性 と 柔軟性 需要が増加するにつれて追加のネットワークスライスを作成し,変化するリソース要件に適応し,リソースアロケーションを動的に最適化することで,スケーラブルで柔軟なクラウド展開. サービスレベル協定 (SLA) クラウドプロバイダーと顧客間のSLAの執行は,各ネットワークスライスに特定のSLAパラメータを関連付け,合意されたパフォーマンス,可用性,セキュリティメトリックが満たされていることを保証します. ネットワーク機能仮想化 (NFV) NFVとネットワークスライシングを統合することで,特定のスライス内の仮想化されたネットワーク機能のダイナミックな割り当てと管理が可能になります.効率的な資源利用と柔軟なネットワークサービスの展開を可能にする. この表は,クラウドコンピューティングインフラストラクチャとネットワークスライシングを統合する利点の概要を提示していることに注意してください.特定の実装と利点は,クラウドプロバイダーとクラウド環境の要件によって異なります..
最新の会社について ネットワークパケットブローカーの負荷バランスは,ネットワークのパフォーマンスを最適化する?
2024/01/23

ネットワークパケットブローカーの負荷バランスは,ネットワークのパフォーマンスを最適化する?

世界がますますデジタルに接続されるにつれて,ネットワークトラフィック管理は IT プロフェッショナルにとって最優先事項となっています.ネットワークトラフィック利用を理解することはますます重要になってきています強力な帯域幅監視ソフトウェアは,ネットワーク管理者がネットワークトラフィックに目を通し,パフォーマンスを測定し,可用性を確保するために不可欠です.リアルタイムで問題解決.     ネットワークパケットブローカー (NPB) の文脈における負荷バランスとは,NPBに接続された複数のモニタリングまたは分析ツールにネットワークトラフィックを分散することを意味します.負荷バランスの目的は,これらのツールの利用を最適化し,ネットワークトラフィックの効率的な処理を確保することです.ネットワークトラフィックがNPBに送信されると,複数のストリームに分けられ,接続された監視または分析ツール間で配布されます.この配分はさまざまな基準に基づいて行うことができます.,例えばラウンドロビン,ソース・デスティネーション IP アドレス,プロトコル,または特定のアプリケーショントラフィックなどです.NPB内の負荷バランスアルゴリズムは,ツールにトラフィックストリームを割り当てる方法を決定します..   NPB の負荷均衡の利点は以下の通りである. 1 - 性能向上: 接続されたツールの間でトラフィックを均等に分配することで,ロードバランスにより,単一のツールの過負荷が防止されます.これは各ツールの能力内で動作することを保証します.効率を最大化し,ボトルネックのリスクを最小化する.   2 拡張性: 負荷バランスにより,必要に応じてツールを追加または削除することによって,モニタリングまたは分析能力を拡張できます.新しいツールは,全体の交通配送を乱さずに,負荷バランスシステムに簡単に統合できます.   3- 高可用性:負荷バランスは冗長性を提供することで高可用性に貢献することができます.NPBは,自動的にトラフィックを残りの運用ツールにリダイレクトできます.継続的な監視と分析を保証する.   4 効率的な資源利用:負荷バランスは,監視または分析ツールの使用を最適化するのに役立ちます.トラフィックを均等に分散することによって,すべてのツールがネットワークトラフィック処理に積極的に関わっていることを保証します資源の不足を防ぐこと   5 交通隔離: NPB の負荷バランスでは,特定のタイプの交通またはアプリケーションが専用の監視または分析ツールに指示されることを保証することができます.これは,集中分析を可能にし,特定の関心分野へのよりよい可視性を可能にします..   NPBの負荷バランス機能は 特定のモデルとベンダーによって異なりますいくつかの高度なNPBは,洗練された負荷バランスアルゴリズムとトラフィック分布に対する細分的な制御を提供することができます.特定のニーズと優先順位に基づいて細かな調整が可能になります.   ネットワークパケットブローカー (NPB) の負荷バランスアルゴリズムは,ネットワークトラフィックが接続されたモニタリングまたは分析ツール間でどのように分配されるかを決定します.これらのアルゴリズムは,リソース利用とパフォーマンスを最適化するために,トラフィックを均等に分布することを目指しています.特定の負荷バランスアルゴリズムは,NPBのベンダーとモデルによって異なりますが,以下は一般的な技術です.   負荷バランスアルゴリズム 記述 ラウンド・ロビン ツールの間で連続的にトラフィックを循環的に分配します.トラフィックを等しく分配します. ハッシュベースの パケットの特定の属性を用いてハッシュ値を計算し,それを配布ツールにマッピングする.同じ属性を持つパケットが同じツールに行くことを保証する. 最小の接続 最少のアクティブ接続を持つツールにトラフィックを誘導し,現在のワークロードに基づいて負荷をバランスします. 体重分布 能力や容量に基づいてツールに異なる重量や優先順位を割り当て,それに応じてトラフィックを分配する. 動的負荷バランス ツール (例えば,CPU利用量) のリアルタイムメトリックをモニターし,トラフィック分布を動的に調整する.ツールロードに基づいてパフォーマンスを最適化する.   NPBは通常 配置可能な負荷バランスオプションを提供しています管理者がアルゴリズムをカスタマイズし,特定のニーズと優先順位に基づいてトラフィック分布を微調整できるようにする負荷バランスアルゴリズムの選択は,ネットワーク環境,監視されるトラフィックタイプ,NPB に接続されたモニタリングや分析ツールの能力.
最新の会社について ネットワーク・タップは何ができるの?
2024/01/19

ネットワーク・タップは何ができるの?

    ネットワークタップIT プロフェッショナルやネットワーク管理者にとって不可欠なツールですネットワークタップは,線路を通過するすべてのデータへのアクセスを許可するために,有線イーサネット接続にモニタリングポートを作成する受動またはアクティブデバイスです.普通の接続を切り離さなくても接続できます. 最も一般的なタイプは銅のタップです.Cat5ケーブルとRJ45コネクタで使用するために設計されたもの■アクティブタップ,通信流に電子機器を注入し,トラフィック操作と統計の監視を可能にします.高騒音環境で低損失のソリューションを提供できるそれぞれのタイプは,アプリケーションの要件に応じて,独自の利点を提供しています.   One key advantage of using a network tap is its ability to monitor all traffic regardless of protocol or frequency sample rate as well as linking two networks together seamlessly without losing speed or performance while doing so – making them ideal solutions when migrating legacy systems onto larger networks in order to increase capacity and scalabilityさらに because they do not introduce additional latency into the system they can be used in real time applications such as streaming video viewing or gaming where millisecond delays would heavily degrade user experience quality standards. Furthermore security concerns arising from cyber threats may also often dictate their installation since they allow administrators better visibility across multiple points within large scale corporate architectures thus enabling more effective countermeasures against malicious actors attempting unauthorized access events while simultaneously providing detailed logs in response timescales compatible with developing forensic evidence when required.   The main benefits associated with deploying any type of Network Tap therefore lie largely around increased visibility within organizational architecture whilst ensuring low level interruptions during operation & minimal loss throughput - offering significant cost savings versus intrusive & disruptive reconfigurations procedures coupled up with improved reaction times for responding personnel & less downtime due to analysis issues generally encountered on tightly interwoven structures この能力を持って businesses now possess greatly extended abilities necessary for adequately meeting industry standards regarding safety measures & overall compliance whilst being able maintain stability amidst constantly shifting customer demand levels.   しかし,何が違うの?パシブネットワークタップそしてアクティブネットワークタップ?   パッシブネットワークタップとアクティブネットワークタップの主要な違いを強調する比較表です   パシブネットワークタップ アクティブネットワークタップ 電力需要 電源は必要ない 電力が必要 機能性 ネットワークトラフィックを修正することなく消極的にコピーする ネットワークトラフィックを修正,フィルタリング,操作することができます ネットワーク障害 ネットワークトラフィックに障害はない ネットワークトラフィックに遅延や障害をもたらす可能性があります. 信号の整合性 元の信号を保持する 信号の劣化や損失をもたらす可能性があります. 配備の複雑さ シンプルで直接的な展開 より多くの設定と管理が必要です 費用 一般的に安く 一般的にもっと高い 柔軟性 機能とカスタマイゼーションの面で制限されています 非常にカスタマイズ可能で機能が豊富です 信頼性 活性成分がないため,高い信頼性 活性成分による障害や不具合の可能性 安全 に 関する 影響 セキュリティ上のリスクはない 潜在的なセキュリティ脆弱性や攻撃ベクトルを導入する可能性があります.   パッシブとアクティブのネットワークタップの特性と機能は,メーカーとモデルによって異なります.この表は,各タイプの水槽に関連する典型的な特徴の概要を提供します..  
最新の会社について インテリジェント・ネットワーク・インライン・バイパス・スイッチでセキュリティとパフォーマンスを最大化
2024/01/16

インテリジェント・ネットワーク・インライン・バイパス・スイッチでセキュリティとパフォーマンスを最大化

  サイバーセキュリティの世界では 絶えず進化する脅威に先立ち ネットワークの最適性能を確保することは 組織にとって 絶え間ない課題ですインラインバイパススイッチとタップの採用が増えるにつれてネットワークのセキュリティとパフォーマンスの要求に効果的に対応できるようになりました.   インテリジェント・ネットワーク・インライン・バイパス・スイッチは あなたのために何をできるでしょうか?   インテリジェントネットワークインラインバイパススイッチは,ネットワークのセキュリティインフラストラクチャの重要な構成要素です. It provides a fail-safe solution for security tools such as Intrusion Prevention Systems (IPS) and Firewalls (FW) by allowing uninterrupted traffic flow in the event of a security tool failure or during routine maintenanceセキュリティツールがオフラインでも ネットワークは常に保護されています   セキュリティツールに パケットを送信する能力です セキュリティツールに パケットを送信する能力ですリアルタイムでツールの状態と可用性を監視できるようにする障害が発生した場合,バイパススイッチは交通をシームレスにリルーティングし,ネットワークの継続的な保護を保証します.ネットワーク セキュリティ に 関する この 積極 的 な アプローチ は,組織 が 潜在 的 な 脅威 を 一 歩 先行 する よう に 助ける.   セキュリティ上の利点に加えて,インラインバイパススイッチはネットワークパフォーマンスの最適化にも重要な役割を果たします.定期的な保守や更新中にセキュリティツールからトラフィックをオフロードすることによって障害をなくし,ダウンタイムを短縮し,ネットワークの稼働を継続します.これは,高速かつ高性能のネットワークに依存している企業にとって特に重要です.. インテリジェント・ネットワーク・インライン・バイパス・スイッチは高度にスケーラブルに設計されており,組織がセキュリティやパフォーマンスを犠牲にせずにネットワークインフラを簡単に拡張することができます.小さなオフィス環境であれ 大規模な企業ネットワークであれオーバーパスのスイッチは,組織の特定のニーズを満たすためにシームレスに統合できます.   サイバー脅威の複雑化により 組織にとって 安定した信頼性の高い セキュリティインフラストラクチャを備えるのが 今までにないほど重要ですインテリジェント・ネットワーク・インライン・バイパス・スイッチは ネットワークのセキュリティとパフォーマンスを確保するための 費用対効果の高い効率的なソリューションですネットワークトラフィックを積極的に管理し,セキュリティツールの防犯保護を提供することで,組織は潜在的な脅威を先取りし,最適なネットワーク運用を維持することができます.   結論として,インテリジェントネットワークインラインバイパススイッチは,現代のネットワークセキュリティインフラストラクチャの重要な構成要素です.セキュリティツールが故障した場合に,シームレスにトラフィックをリルーティングする能力ルーティンメンテナンス中にトラフィックをオフロードし,組織のニーズに合わせてスケールすることで,セキュリティとパフォーマンスを最大化したい企業にとって貴重な資産になります.インラインバイパススイッチに投資することでネットワークセキュリティの需要を効果的に満たし,ネットワークの継続的な運用を保証できます.
最新の会社について 信頼 できる セキュリティ ツール に 投資 する こと は,さまざまな 脅威 に 対し て ネットワーク を 守る ため に 極めて 重要 です
2024/01/12

信頼 できる セキュリティ ツール に 投資 する こと は,さまざまな 脅威 に 対し て ネットワーク を 守る ため に 極めて 重要 です

ネットワークセキュリティは継続的なプロセスです. 絶えず進化する脅威に先立ち,セキュリティ対策を定期的に見直し,更新してください.総合的なセキュリティ戦略を実施し,最良の慣行に従ってネットワークのスニッファー攻撃やその他のセキュリティ脅威のリスクを大幅に減らすことができます   信頼性の高いセキュリティ ツール に 投資 する こと は,さまざまな 脅威 に 対し て ネットワーク を 守る ため に 極めて 重要 です.以下 に は,ネットワーク の 安全 を 強化 する ため に 役立つ 基本 的 な セキュリティ ツール が い ます.   1) ファイアウォール: ファイアウォールは,内部ネットワークと外部エンティティの間の障壁として機能し,事前に定義されたルールに基づいて,受信および送信されたネットワークトラフィックをフィルタリングします.ネットワーク ベースの 攻撃 に 対し て 保護 する.   2) 侵入検知システム (IDS):IDSは,疑わしい活動に対するネットワークトラフィックを監視し,潜在的な脅威が検出されたときに管理者に警告します.許可されていないアクセス試みを識別するのに役立ちますマルウェアの感染や その他のセキュリティ侵害   3) 侵入防止システム (IPS): IPSは,検出された脅威を検出するだけでなく,積極的にブロックまたは緩和することで,IDSよりも一歩進みます.自動で悪意のある活動を防止したり停止したりできますネットワークへの攻撃の影響を軽減します   4) ウイルス対策・マルウェア対策ソフトウェア: 信頼性の高いウイルス対策・マルウェア対策ソフトウェアをネットワーク全体に展開することで,既知のマルウェアやウイルス,その他の悪意のあるソフトウェアを検出し削除することができます.最新 の 脅威 を 特定 できる よう に ソフトウェア を 定期的に 更新 する.   5) 仮想プライベートネットワーク (VPN): VPN は,特にインターネットを遠隔でアクセスする際に,ネットワーク接続をセキュアにする暗号化されたトンネルを作成します.データの転送を保護し プライバシーを保ちます特に公的または信頼されていないネットワークを使用する場合です.   6) ネットワークパケットブローカー (NPBs): NPBは,ネットワークトラフィックへの可視性を確保し,パケットをキャプチャ,フィルタリング,分析のためにセキュリティツールに転送します.セキュリティ監視ツールのパフォーマンスを最適化するのに役立ちますネットワークの効率的な監視と脅威の検出を可能にします 最適化技術 記述 トラフィックフィルタリング 関連ネットワークトラフィックをセキュリティツールに選択的に転送し,分析のために送信されるデータの量を減らす. 負荷バランス ネットワークトラフィックを複数のセキュリティツールに均等に分配し,ボトルネックを防止し,効率的な利用を確保する. パケットアグリゲーションとデデュプリケーション 複数のネットワークリンクからパケットを集約し,重複パケットを削除し,監視ツールへの処理負荷を最適化します. パケット切断とマスク パケットを切断したり 機密情報を削除したりすることで データのプライバシーを保護し 分析用の重要なデータを提供します プロトコルとセッション認識フィルタリング 深層パケット検査を行い,標的分析のためのプロトコル,アプリケーション,またはセッション属性に基づいてトラフィックをフィルターする. 高度な視力と監視能力 ネットワークの行動に関する包括的な洞察のために,高度なトラフィック分析,フローモニタリング,リアルタイムパケットキャプチャを提供します.   Network Packet Brokers を実装することで,組織はセキュリティ監視インフラストラクチャを最適化し,セキュリティツールのパフォーマンス,スケーラビリティ,効率を向上させることができます.NPB は セキュリティ チーム が 関連 ネットワーク トラフィック を 分析 する こと に 集中 する こと を 可能に する脅威の検出能力を強化し,より効果的な全体的なセキュリティの姿勢を確保する.   7) セキュリティ情報およびイベント管理 (SIEM) システム:SIEMシステムは,ネットワーク内のさまざまなソースからセキュリティイベントデータを収集し,分析します. パターンを特定するのに役立ちます.異常を検知する潜在的なセキュリティインシデントを集中的に確認できます.   8) データ損失防止 (DLP) ツール: DLP ツールでは,機密データの未承認の開示を防止するために,機密データを監視し制御します.データの転送を監視し,政策に基づく管理を行います.   9) 多要素認証 (MFA): MFAを実装すると,ユーザー認証にセキュリティの追加層が加わります.ユーザーからパスワード,パスワードなどの複数の証拠を提供する必要があります.物理的なトークンネットワークリソースにアクセスするために   10) セキュリティ評価と侵入テストツール: これらのツールは,現実世界の攻撃をシミュレートすることで,ネットワークのセキュリティ状態を評価するのに役立ちます.攻撃者が利用できる脆弱性や弱点を特定します実際の違反が発生する前に 補正できるようにします   セキュリティ ツールの選択と実装は,組織の特定のニーズとリスク プロファイルに合わせなければなりません.脅威の進化に対する防御の有効性を確保するために,これらのツールを定期的に更新し,維持することが重要です.さらに,複数の層のセキュリティ,ユーザー教育,継続的な監視を組み合わせる全体的なアプローチは,強力で回復力のあるネットワーク防衛にとって不可欠です.
1 2 3
Google Analytics -->